お問い合わせはこちら

0465-37-1360

受付時間:平日+土曜日8:00~17:00

代表メッセージ

建設業と聞いてどんなイメージが湧きますか?
『きつい』『きたない』『きけん』
よく言われるワードです。

私自身、中学校を卒業してからこの業界に入りこの3Kを思う存分体験してきました。 そんな私の長い経験があるからこそ、強くこの業界を変えたいと願っています。

私たちの使命は、事業を通じて地域に住み暮らす人々の安全安心を未来永劫支えてゆくことです。 それは、私たちにしかできない、決して絶やしてはならない『かけがえのない仕事』なのです。

何十年と変わらなかった私たちの業界も、変化の兆しがようやく見えてきました。 DX(デジタルトランスフォーメーション)によって、新しい業界体質に変化する可能性を存分に秘めています。 弊社でもICT施工を自社完結できるまで少しずつ成長してきました。

私たちは、ベンチャー企業のような成長市場を創り出してゆくような斬新さはありませんが、今後も地域の未来を守り続けてゆくという強い信念を持って、IT技術や新しい発想を採り入れ、事業を革新し続けます。

そして、生産性の高い会社に成長させることで、地域社会からますます必要とされ、新3K(給与が高い・休暇が多い・希望に満ちあふれている)の職場を実現し、ともに汗を流した仲間とともに、『働きがい』も『自己成長』も『高収入』もという喜びを分かち合えるような会社を目指してスタートを切っています!

もし、あなたが「人一倍の努力をしてでも、仕事を通じて感謝される歓びを実感しながら、自分も家族も幸せを実感できる仕事に就きたい」と思っていたら、この採用ページの内容をじっくりと読んでいただき、「働く」ということに真剣に向き合っていただきたいと心から願っています。

大畠の人事

『誰もが憧れる会社』になるために

会社の向かう方向性を指し示す『経営理念』を作成した時に、働く社員のひとり一人が自分の仕事に誇りを持ち、いつも前向きな気持ちで明るくイキイキと働ける会社にしたいという想いから『誰もが憧れる会社を築きます』という一文を経営理念に掲げました。

建設業界が3K(きつい・きたない・きけん)とひとくくりにされる中で、みんなが憧れる会社の定義を考えた時、会社の規模・知名度というような表面的なものではなく、働く人にとって仕事を通じて得られる精神的な 豊かさ(働きがい/自己成長感)や経済的な豊かさ(高収入)が同時に得られるような仕事の本質という点から 魅力を感じてもらえる会社づくりを外部の協力を得ながら『人事』の見直しに取り組み始めました。

大畠が考える『誰もが憧れる会社』とは

  • 『働きがい』・・・

     自分の仕事が社会にとってなくてはならない仕事になっていて、自分自身が誇りと思えること

  • 『自己成長』・・・

     仕事を通じて「なりたい自分」になるための努力の方向性と現在地を客観的に確認できること

  • 『高収入』・・・

     冷暖房の完備したオフィスで何不自由なく働く人たちよりも汗を流した努力に見合った高収入

この3点を高い次元で実現できている会社であり、それを実現するために、働く上での環境の見直しを行った人事制度の一つ一つが以下の制度です。
具体的な制度の内容は会社説明会等の場でご説明させて頂きますが、その概要をここでご紹介させて頂きます。

『働きがい』を実感できる仕組みづくり・・・
職種別成果項目・重要業務検討表 

『働きがい』は、ひとり一人によって捉え方が違うと思いますが、大畠が地元で行っている仕事の内容・ 現場監督という職種が担っている役割という視点から、まず仕事に就く前に「私たちの取り組んでいる仕事」の意義について、しっかりとした知識を身に着けてもらいます。

大畠では、人事評価制度を整備するにあたって『現場監督』『現場監督アシスタント』『建設ディレクター』といったそれぞれの職種毎に期待している成果と重要業務を体系的に整理した『職種別成果項目・重要業務検討表』をもとに、仕事の全体像を理解してもらいながら、今やっている仕事が将来に向けての成長にどう役立っているか関連づけて仕事に取り組んでもらっています。

仕事の全体像を把握した上で、目の前の仕事の意義を理解して仕事を進めることで、「仕事」は単なる 上司からの命令ではなく、自分なりに仕事に工夫を加えていくことが出来、目の前の仕事は積極的に楽しい仕事に変えていくことができます。嘘のようなホントの話、ぜひ取り組んでみてください!

『『自己成長』を実感できる仕組みづくり・・・
スキルチェック/スキルアップ計画

新しく仕事に就いたり長く仕事をしている中で、多くの人が抱える不安が「スキル不足」問題です。
なぜ多くの人が「スキル不足」問題に陥るかというと、実は仕事を用意する会社が、その仕事を進める 上で必要なスキルを明らかにした上で、本人にスキルアップを求めていく仕組みがないから発生します。

「スキル不足」という精神的に不安定な状態が続くと、いつまでも仕事に対して自信が持てずに、仕事 自体がつまらないものに感じられ、仕事は苦しく辛いものになってしまいます。
大畠では、年に4回のスキルチェック/スキルアップ計画書の作成を通じて、短期間でも確実にスキルアップしているという成功体験を通じて、仕事に対して自信を持ってもらう仕組みがあります。
「現場監督アシスタント」として現場デビューする前段階で、業務遂行に必要なスキルを洗い出したスキルの一覧表を提示し、スキル習得に関して心構えを持ってもらうところから仕事は始まっていきます。
入社後は自分のスキル不足から自信を持てない状況が続きますが、職種毎に求められるスキルを○△×で3ヶ月毎にスキルチェックを行い、先輩・上司とスキルアップ状況を確認し、少しずつでも着実に「自己成長」を実感することで、小さな成功体験を積み重ね、少しずつ自信を持てるようになり、やがて大きな成功体験から大きな自信をつけられるような人財育成の仕組みになっています。
そして、スキルアップ計画書に基づいて「自己成長」結果は、『報酬連動型人財育成プログラム』という正式名称を持つ人事評価制度によって、毎年の昇給に確実に連動する仕組みになっています。

『高収入』を実感できる仕組みづくり・・・
人事評価制度/賃金・資格制度

『働く』上で一番大切にしたいこと

人は何のために働くのでしょうか?
それは、今日よりも明日、今月よりも来月、今年よりも来年・・・
もっと豊かな暮らしを実現するために、より多くの報酬を得ることも目的の一つになっているのではないでしょうか? しかし、働く上で「どのような努力をしたらどのくらい給与が上がるのか?」 「どんな仕事を出来るようになったら、どんな仕事を任せてもらえるのか?」といった具体的な人事制度の仕組みを社員に説明してくれる会社は、世の中にほとんど存在しない・・・というのが世の中の現実です。
大畠では、全国で4,000社以上の導入実績をもつ㈱あしたのチームの『報酬連動型人財育成プログラム』(これが人事評価制度の正式名称になります)を小田原ではいち早く採り入れ、一人ひとりの社員の成長を支援(教育)し、成長の結果が確実に給与に連動し(賃金)、より大きな成長を目指せる環境づくり(昇進)につながるような人事制度を本格的に稼働させています。
中小企業経営の現場では、『働きがいの持てる職場環境の整備=人事制度の充実』まで気を配ることができていないのが実態ですが、私たちの職場は前にも述べたように“3K”と呼ばれるような職場だからこそ、働きがいと成長が実感でき、確実に報酬として還元できる仕組みづくりに真剣に取り組んでいます。
人事評価は、人が人を査定する閻魔帳(えんまちょう)システムとしてではなく、自分の職種でどんなことに取り組んだらいいのか評価項目を明確にしてチャレンジの結果を給与に連動させてゆき、そのプロセスで上司は部下の目標達成に対して的確なアドバイスと支援を続けることで、部下の給与アップを後押しすることで、社員が自律的に成長し会社も同時に発展してゆく仕組みの原動力になっています。
大畠では、年功序列賃金や福利厚生的要素の濃い生活関連手当(住宅手当や家族手当など)を見直し、 若い社員でも努力して成長すれば誰でも正当な報酬が得られるフェアな人事制度の運用に徹底的にこだわり、チャレンジ精神旺盛な若者が活躍できる職場づくりを積極的に推進しています。

【人事評価制度】

人事評価制度は、人事評価のプロの力を借りて、一人ひとりの社員が確実に成長するとともに、努力の成果が適正に各社員に還元される仕組みを運営会社と二人三脚で進めています。

人事評価項目の内容は、職種や役職ごとに求められる成果が違うので変わってきますが、全社員共通で 良い社風づくりに取り組むための行動指針をコンピテンシー(行動特性)として捉え、自分の仕事の中 でどう実現していくのかを考えてもらい、会社の目指す方向性と一人一人の社員の成長目標の方向性を そろえることで、社員全員が同じ方向を向いて努力し続ける“チーム大畠”に取り組んでいます!

【賃金・資格制度】

働く上で重要な要素である給料を決定する仕組みと人事評価決定のプロセスを社員にすべて公開することで、一人一人の社員の努力の結果が適正に給料に反映する仕組みを導入しています。

この人事評価プロセスと等級別の給与テーブルを全て公開することによって、自分が欲しい給料を手にするためには、人事評価でどれだけ点数を上げれば良いのか、そのためにはどんな努力をすれば良いのかが明確になり、本気で成長を目指す社員が次々に現れてきています。
給与テーブル/人事評価制度の内容は、もちろん社内で全公開し、会社説明会でも説明しています。

期待する人材像

就職活動を行っていく上で大切にしたいことは、募集をする会社と応募する学生さんが 相思相愛の関係で、入社後にお互いが喜び合えるようになっていくことです。

応募を考えて下さる学生さんには、包み隠さず社内を全部見てもらい、給与制度や教育制度に関して詳しく説明させていただきますが、大畠工務店として「一緒に働きたい仲間」の具体像に触れておきたいと思います。

人事評価制度の全社共通4つの項目

  • 『謙虚さ』・・・

    すべてのものに感謝する気持ちを持っていると人生は豊かに感じられます

  • 『チーム精神』・・・

    “One for All , All for One”という信じあえる仲間であって欲しい

  • 『チャレンジ精神』・・・

     何かカベにぶち当たった時に解決策を考えられる人は「天才」です

  • 『自己理解』・・・

     自分自身を客観視できる人は、自分を成長させることにも熱心です

その他にも、地元小田原の偉人として有名な“二宮金次郎”さんのような『勤勉さ』を持ち、 どんな困難でも乗り越えていく『強い精神力』や、自分以外の人の幸せを願って汗をかける 『思いやりの心』は、誰もが持ち得るものではないので、人事評価項目には掲げていませんが、地元小田原・栢山地区(弊社所在地のご近所です)では、地域の子供たちにも映画等を通じて脈々と語り継がれていることなので、こうあって欲しいという願いも込めて、欲張って理想の人材像として掲げさせていただきます。

募集職種

現場監督アシスタント

建設業の「現場監督」という仕事は、建設物や道路など社会インフラを安心して使い続ける ことができるよう、品質(Quality)・工事原価(Cost)・納期(Delivery)≪以降QCDと省略します≫をしっかりと管理しながら、お客様の信頼に応えながら会社にも収益貢献する非常に働きがいを実感できる仕事です。

どんな仕事にも、必ずQCDの3要素が求められますが、大きな組織であればあるほど分業体制となっていて、自分の仕事の成果が実感しにくいものですが、現場監督の仕事は3ヶ月とか6ヶ月という短いスパンで、その仕事の結果が分かるため、1年間の間でも大きな達成感を味わえるという数少ない仕事です。

現場監督は、現場で働く多くの専門工事の方々が安全に確実な仕事を決められた期間の中で終えられるよう、協力体制を作る必要があり、それぞれの専門工事の内容がどういったものなのかを一通り理解するために、アシスタントとしてまずは働いてもらい、それぞれの 工事を進める上での抑えるべきポイントをしっかりと押さえてもらい、「現場仕事もしっかりと理解できる現場監督を目指してもらいます。

加えて、地域での土木工事でのICT施工のトップランナーを目指していますので、ドローンや3Dスキャナーを活用した測量が可能な現場監督を目指してもらうために、早い段階でドローンの認証試験合格を目指して、受講費用なども全額会社負担をしています。

今はアナログの仕事が多い土木工事の状況ですが、私たちは河川改修・海岸工事・土木工事といったICT施工を有効活用する現場が多いという強みを活かして、地域にとってなくてはならない土木工事の担い手という自負を胸にこれからの土木工事の未来を創っていこうとしています。



募集職種 現場監督アシスタント(のちの現場監督)
仕事内容 現場監督補佐(詳しくは募集職種ページへ)
雇用形態 正社員
資格・学歴 不問
募集対象者 2025年卒業見込みの方(高卒以上)もしくは既卒の方
試用期間 あり 3カ月(労働条件変更なし)
給与 230,000円+20時間の早出残業見込賃金
賞与 年2回 (6月+12月)
昇給 年1回 給与評価制度により算定
就業時間 8:00~17:00(休憩90分)
早出残業あり 
勤務地 本社(小田原市)
休日等 第2第4土曜日・日曜日・夏季休暇・ゴールデンウィーク・年末年始休暇
他 会社カレンダーによる
待遇 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金共済、退職金制度(勤続3年以上対象)
早出、残業手当・作業着支給(年2回:夏・冬)・健康診断・交通費 会社規定内支給
資格取得支援制度
教育制度 新入社員研修、スキルチェックシートによる技術研修、資格支援、1on1ミーティング(人財育成プログラム)による目標達成支援 など
エントリー 特設サイトのエントリーフォームからご応募お願いします。
※応募前の会社見学・人事制度説明会も行っていますのでお問い合わせ下さい。
選考方法 書類選考、面接試験
選考結果 約1週間後 電話及びメールにて連絡
応募書類 履歴書(手書きに限る)、卒業見込み証明書
採用担当連絡先 〒250-0861神奈川県小田原市桑原342
採用担当:大畠里菜・守田
電話番号:0465-37-1360

先輩社員から一言

この仕事を選んだ理由は、自分の行った仕事の結果が自分にダイレクトに返ってきて、良い仕事が出来れば大きな達成感が得られるし、仕事の上で失敗してしまっても何が原因で、どうすれば同じ失敗をしないようにできるか反省し、次の成長につなげられるからでした。

土木工事の現場監督というと肉体労働をイメージする方も多いと思いますが、実際の仕事は、工事計画を立て決められた予算内で確かな工事品質で納期通りに完工するという知的労働の部分がとても大きな仕事です。

時には、建設重機を自分で操ったりオールラウンドの仕事を求められることもありますが、 日々の仕事の結果がダイレクトに自分に返ってきて、その中で自分の成長も実感できることがあり、これから本格的に始まる人事制度を通じて、小さな組織の中で大きな役割を実感できることを楽しみにしています。

大きな組織の歯車になって毎日同じことを繰り返すことが苦手で、仕事の充実感を味わいたいという明るく元気な皆さん、ぜひ一度会社を訪ねてきてください。